So-net無料ブログ作成

新感線プロデュースいのうえ歌舞伎 [舞台]

『IZO』@シアターBRAVA!

女性ばかりの場内。居心地の悪さは特になかった。
ジャニーズ公演としては、さほど多くなく、新感線っぽい感じなそうな(スタッフに聞くところ)。
ただ、一幕が終わり、トイレへの駆け込み様には驚いた。
すぐに4番扉(トイレに近い扉)が閉められて、ロビー中央まで行列ができていた。
あれだけの数があるのに、足らないものなんですねぇ~
そりゃ、幕間も25分要りますよね。

冒頭のシーン。
奥行きをたっぷり使い、青空を広げた舞台に、森田剛がぽつんと一人。
彼の小ささを感じました。
物語が進み、小さい身体ながらも、説得力というか存在感みたいなものが出てきました。
観終わってみて、冒頭の演出は、時代という波の中で、
岡田以蔵もただちっぽけな存在だった、と現していたのかと思いました。

池田鉄洋さんの坂本竜馬は「あぁ、いるいる!」と、
会ったこともない人物を想像しながらも、思ってしまいました。
人ったらしな感じが、すごくよかった。

二幕は、歴史の授業をうけているようでした。
淡々と事実が進んでいき、再現VTRを見ているようでした。
なんだろう、ビシビシとした感情が伝わってきませんでした。
舞台の大きさに負けちゃった感じでした。

岡田以蔵の短絡的な行動には、もどかしさを感じられずにはいられませんでした。
そのもどかしさを、日常の自分に顧みて、心が痛くなりました。いい機会になりました。

★「何 じっと見ゆぅ~」


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 2

ふゆか

確かに休憩のトイレはすごかったですね。私は身障者用トイレだから・・・
助かりましたけどね。
この写真よく撮れましたね。
撮ろうとしている人が多くてびっくりしましたけど(*^_^*)
by ふゆか (2008-02-23 21:48) 

eau

遅れてきたお客さんには、そこのトイレをよく案内します。
それと、よくそこでゴハン前の手洗いをしたものです。

大撮影大会になってましたよね。
ちょっと恥ずかしかったんですけど、待って待ってタイミングを狙ってとりました。

by eau (2008-02-28 01:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。